この度は「おきな昆布」のホームページをご閲覧いただき有難うございます。
  また日頃はおきな昆布各店を御利用いただき厚く御礼申し上げます。
  
  令和3年、おきな昆布は創業156年目を迎えました。
  これもひとえに皆様のお力添えあってのことと、心より感謝を申し上げます。
  
  
  2013年12月 「和食」がユネスコ無形文化遺産に登録されたのはご存じの事と思います。
  今、世界中から「和食」への関心が高まってきています。
  
  
  「和食」が無形文化遺産に登録された背景とは?
  
  1.料理そのものに対しての評価ではない
   ―料理そのものの味という事よりも自然や四季と調和した独自性のある食文化に対する評価
  
  2.「和食」という食文化が失われつつあるのではないか
   ―和食という食文化を日本人が忘れ始めているのではないかと考えられているから
  
  南北に長く、四季が明確な日本には多様で豊かな自然があり、そこで生まれた食文化もまた
  これに寄り添うように育まれてきました。自然を尊ぶ日本人の気質に基づいた「食」に関する習わしを、
  日本人の精神というものを、もう一度考える良い時期なのかもしれません。
  
  
  昆布屋としてできること?
  
  忘れかけている日本の心、〈おだし〉の文化をもう一度味わっていただきたい。
  和食の基本は〈おだし〉です。昆布・鰹・しいたけを基本味とした〈おだし〉は和食の根底です。
  世界にはさまざまなスープのベースがありますが、これほど手間と時間をかけているものはありません。
  〈おだし〉こそ和食の最大の魅力であると私は思います。
  しかしながら、〈おだし〉は料理の表には出ず味の下支えの役割であるが故に気づかれないことも多いのです。
  炊いたお魚、煮込んだお野菜も〈おだし〉があってこそ美味しさも膨らみます。
  
  時代の変化とともに、生活も変わり、料理に費やす時間も少ないとは思います。
  お忙しい日頃は便利なだしパックや科学調味料を使うことを否定はしません。
  ただ、週に1度くらいはいつもより時間をかけ自分のため、家族のため、愛する人のために
  しっかり〈おだし〉をとった美味しい和食をつくってみませんか?
  
  日本人の精神というものを忘れずに持ち続けていきたいものです。
  
  
                                          2021年(辛丑)  店主敬白